読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『中村天平ピアノコンサート』in 赤馬館

 

更にさかのぼって昨年のTenteco works立ち上げのきっかけとなったイベントをご紹介します。

 

世界を駆け巡るピアニスト『中村天平ピアノコンサートin赤馬館』を開催しました。

f:id:tentecoworks:20170410165419j:image 

  

場所は宗像市赤馬館

唐津街道の宿場町で情報発信基地となっている、今、注目のスポットです。

 

 f:id:tentecoworks:20170411012553j:image

ここです。

 

この日はそこでお食事を提供されている「ドリームハウス塚本」とのコラボ企画で

お食事をした後、ゆっくりコンサートを聴くという嬉しいスタイルでした。

 

f:id:tentecoworks:20170423012220j:image

 

 

パンもハムも手作りという心のこもったお食事でした。パンの記事にもお野菜が練りこんであります。普段、赤馬館ではこのようなお食事が500円で楽しめます。

 

天平さんはテレビ出演も多く、その内容は解体業から転身した異色のピアニストということでスポットを浴びていらっしゃいますが、今回お会いしてその話題性だけにとどまらない、本当にピアノに打ち込んでる素晴らしいアーティストだということがわかりました。

 

今回もヨーロッパツアーから帰ったばかりのコンサートでした。

海外での活動も長い天平さんは、自分で作曲した曲にその土地や出会った人との思いを込められます。

 

この日のプログラムでもそんな風景を音に乗せ心を込めて弾いていただきました。

f:id:tentecoworks:20170410143541j:plain

作曲家でもある天平さんの曲はほとんどがオリジナルです。

がっちりした、ガテン系?!な容貌からは想像できないくらい細やかで雄大なピアノを奏でられます。性格も品格を感じる、心の澄んだ方という印象です。

またピアニストでは珍しい毎回Tシャツやパーカー姿で登場ですが意外にも弾きやすそうだなぁーと見ていました。

冬なので寒そうなのが気になりましたが…

 

初めて天平さんを知ったお客さまも間近でその天才的な演奏に大変魅せられた様子でした。

来てくれた友人が鍵盤の上を龍が舞っているようだったと表現しましたが、まさにそのような気がしました。

 

f:id:tentecoworks:20170410144938j:plain

トークもいわゆる不良だった時代のこと、旅のことや、逆にお客さまに質問を投げかけるなど楽しい時間でした。

 

 

おかげさまで大盛況で終えることが出来ました。

中村天平さん、ご来場のみなさん、ドリームハウス塚本のみなさん、赤馬館のみなさん本当にありがとうございました。

 

Tenteco worksの最初のイベントが天平さんのコンサートで本当によかったな♪と思っています。

ピアノ一筋で人生を切り開いていく天平さんを見習って今後、色々なことも乗り越えて行けそうです。

たくさんのパワーをもらった気がしました。

顔見知りの人、ホームページから来てくれた方、かなり遠方の方など知らない人同士が赤馬の地で美しい時間を共有出来たことがとても嬉しいです。

 

そしてまた来てほしいとの要望にぜひお応えしたいと思います。どうぞお楽しみに!

 

【イベント内容】

◉日時 平成28年11月20日(日)
開場 17時15分(軽食Time)
開始 18時〜
◉会場 街道の駅 赤馬館
宗像市赤間4丁目1-8
☎︎0940 35 4128
◉チケット 4000円(軽食・ドリンク付き)
申し込みは Mail kai.aiko@gmail.com
◉アクセス 無料駐車場有
http://akamakan.info/modules/pico/index.php?content_id=4
◉定員 32名 (満席)